モクヒョウとシシン ― 「パリノメモ」を設計する。

2016/08/06

どーせやるならトコトンやってみよう。「パリノメモ」を大きくしてみよう。そのために必要な最小単位の設計をしてみました。

 

最終的には「パリノメモ」を拠点に自分で仕事を生み出せる構図を考えています。ただ、そこにたどり着くために何をどうするべきかということは、まだ漠然としか思い描けていません。そして当然ながら、その漠然とした妄想を具体化させる能力もまだボクにはないようです。

 

しかしながら、今できることと今やるべきことはかろうじてわかります。「パリノメモ」を仕事を生み出せるほどのサイトに成長させたいのだから、まずは「パリノメモ」にある程度の蓄積がなければなりません。具体的に言うと、「パリノメモ」が提供しているコンテンツの量を増やさなければならないということです。つまり、記事を書く。

 

3月23日現時点では、この記事を含めて4記事です。8月末か9月上旬に渡仏をする予定なので、それまでにおよそ5ヶ月の時間があります。残り5ヶ月で100記事達成!!とカッコよく言い切りたくはあるのですが、ひと月に20記事というのは、まだブログのノウハウがない僕にとってあまり現実的な数字ではありません。なので、実現可能な目標として、残り5ヶ月50記事達成というゴールを設定してみましょう。

 

いや、「実現可能」にほんの少し努力を加えて「ちょっとがんばれば実現可能」にしてみましょう。

 

5ヶ月55記事。がんばってみます。5,5ときたから5,5,5にするという単純さは意外と大事なのです。

 

執筆する記事のテーマとして現在考えているのは以下の項目です。

 

パリの大学院に進学するという過程をコンテンツ化する。

日韓ハーフという生い立ちをコンテンツ化する。

語学習得に関する経緯をコンテンツ化する(韓国語・フランス語・英語)。

気になったフランス語の記事を翻訳して紹介する(翻訳の練習も兼ねて)。

 「飲食」をテーマとした記事を執筆する(ボクの専攻が「飲食文化」であるため)。

これまでの体験とこれからの体験を執筆(留学・ワーホリ・旅行など)。

時事ネタに関する記事の執筆。

その他。

 

項目をもっとたくさん増やしたいのですが、それは実際にブログを運営していきながらということになりそうです。

日々他のブロガーさんたちの記事を見ながら勉強させていただいています。

 

ひとまずは、5ヶ月で55記事という目標を達成してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに