【3つの理由】ブログ記事を「3つの理由」で書く3つの理由

465353

ブログを始動させて早くも数ヶ月が過ぎました。いろんな先人たちのブログを参考にしながら試行錯誤を繰り返す日々の中、なんとなく気づいたことがあります。

13871857_1118474701574144_1445118406_nこんにちは、ジュロウです。日々、多くのブロガーの記事を発掘しながら、自分の記事の参考にしています。

そんな中、ふと気づいたことが…。

「◯◯である3つの理由」とか「私が◯◯をする3つの理由」とか、「3つの理由」というフレーズをいれるブログ記事が非常に多い!!

たとえば、イケダハヤトさんの記事↓↓

もちろん、「3つの~」系の記事は、なにも「理由」だけではなく、例えば「3つの問題点」とか「3つのメリット」とか、なんでもアリです。とにかく「3つの~」の記事が非常に多いのです!!

多くのブロガーがこうやって、「3つの」を入れた記事を書いているため、いつの間にかボクも「3つの」で記事を書くことが多くなりました。

ac12521d56637ef06355bc374eff03c2_s
ワーキングホリデービザをもっとも取得しやすい国の1つとしてオーストラリアが挙げられます。申請はインターネットで簡単に行うことができ、承認もすぐに...
37ad9fb0d605fff9f3519b292ad740fe_s
留学から帰ってきて、就活シーズンに入ろうとしていたころ、ボクは就活を放棄しました。そうすることによっていろいろと思うことはありましたが、ボクの感...
6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s
日韓ハーフ&バイリンガルという生い立ちゆえ、人によっては物珍しくみえるようで、とくに初めて会う人にはいろんな質問をされます。韓国に友達はいるのか...

 

「3つの~」だらけ…。

とはいえ、べつに「3つの」系記事を否定するわけではなりません。ただ、あまりにも多いから、なんでいろんな記事に「3つの~」が入るのか、その3つの理由を考えてみたのです。

ちょうどいい分量の記事を書ける

なにかしらのテーマで記事を書くとき、どうしても、「最低限の分量」というものが必要になってきます。いくら面白いテーマで、いくら面白い記事タイトルでも、実際にそのページに飛んでみると2行しか文章がなかった…となってしまっては、読者に失望感を与えてしまうのです。

だから、どんなテーマであっても、それに関してとりあえず3章構成で語ることによって、それなりの分量を得られるため、記事っぽい記事になるのです。

もちろん、「5つの理由」とか「8つの理由」でも全然アリなのですが、それだとそもそも書くのが大変だし、読んでる方も長くて飽きちゃいますよね。

「3つの~」は、ブログ記事を書く側にとっても、読む側にとっても、安定して「ちょうどいい」分量のコンテンツとなるわけです。

 

「3つの~」が入ったタイトルは絶妙に気になってしまう

「3つの~」と書く手法は、ブログ記事の内容自体がちょうどいい分量になるだけではなく、実は、その記事のタイトルにも好影響を与えます。

たとえば、リンゴが好きなブロガーが、「私がリンゴを好む理由」という記事を書いたとします。同じくリンゴが大好きな読者ならば、迷うことなくこの記事をクリックするかもしれませんが、リンゴにあまり興味がなければおそらくスルーしてしまうでしょう。

そこで、このタイトルを「私がリンゴを好む3つの理由」にしてみます。

すると、不思議にも、リンゴを特段好まない読者でもこのタイトルが妙み気になってしまうのです。

「リンゴを好むのに3つも理由があるのか…?」、「何か私の知らない魅力がリンゴにはあるのか…?」といった具合にです。

 

こうやって、ブログ記事のタイトルに「3つの~」を入れるだけで、本来ならばその記事に興味を持たなかったはずの読者も、なんとなく気になってしまってクリックして読んでくれる可能性が高くなるのです。

 

共感を得られる可能性が高くなる

さて、「3つの~」でほどよい分量の記事を書いて、さらに、「3つの~」が入ったタイトルで本来ブログに訪れるはずのなかった読者を引き込めたとしましょう。

本来ならばそのテーマにまったく興味のなかった読者であるわけですから、なにかしらの「共感」を得てもらわないと、「なんだ、やっぱ興味ないな」で終わってしまいます。

ここでまた、「3つの~」の手法がうまく作用するわけですが、ひとつのテーマにおいて、なにかしら3つの項目を列挙すれば、何かしらに意外性を感じてくれたり、共感をしてくれることが多くなるのです。

事実、ボクが書いているこの記事では、ブログ記事を「3つの理由」で書く理由を3つ紹介しているわけですが、これまでに述べてきた、①「ちょうどいい分量の記事をかける」・②「「3つの~」が入ったタイトルは絶妙に気になる」・③「共感を得られる可能性が高くなる」という3つの理由のうち、少なくとも1つくらいは共感してくれたのではないでしょうか。

もし、共感を勝ち取ることができた場合、その「共感」という心の動きが、読者に「シェアしたい」という気持ちを芽生えさせるのです。

ちょうどいい分量の記事を書いて、タイトルで読者を惹きつけて、挙げ句の果てにはその読者の共感を勝ち取ってシェアしてもらえる可能性が生まれてくるわけですから、ブロガーにとって「3つの~」はもはや秘伝奥義のようなものになるわけです。

さて、なにも考えずに書き始めたのに、「3つの~」を使ってみた結果、なんとなくそれっぽい記事が完成してしまった気がします。ブロガーのみなさん、記事のテーマが決まらないとき、テーマは決まったけどなかなか中身を充実させられないとき、その記事をシェアしてほしいなと思った時、ひとまず「3つの~」を入れておけば、それなりの記事になるはずなのです!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です