14813080_10211116138684031_1596483106_o

【フランス】「美食パーティするよ!」パリの友人の家に招待された結果…

2016/10/31

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

 

先日、チーズ屋をやっているフランス人の友人からとあるメッセージを受信しました。

ジュロウ!元気?

次の水曜日って空いてる??18時半ごろから14区にある◯◯の家で、仲良いやつらだけ集まってガッツリ美味しいものを食べようと思うんだけどどう?ジュロウも来なよ!

チーズ屋の J さん

 

なるほどつまり、内輪で「美食パーティ」を開催するから、それに招待してくれたということです。これはなんとも嬉しい提案!

実際に行ってみると、めちゃくちゃ美味しい食事をたらふく食べて来ましたので、当日の様子をちょっぴり紹介してみます!

スポンサーリンク

「美食パーティ」に参加!

まず到着すると現場にはボクを含め5人がいました。全員、男です。

なにかオシャレな美食ディナーをしようというわけではなく、豪快にただひたすらにガッツリと美味しいものを食べまくろうというコンセプトの会だそうです。

今まで星付きレストランや洗練された食事会に行ったことはあったけど、こんなに男臭いパワー溢れる空間で大胆な貪食をしようというのは初めての経験でした。

当日の日中に世界最大級の食品見本市である『SIAL』に参戦していたため、「美食パーティ」へは少々遅れての到着となりました。

到着するとビックリ!なんといきなりあの食材を調理しているではありませんか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-21-46-29

そう、オマール!!

つまりロブスター!!

 

さすがに美食パーティとだけあって始まりからすでに贅沢のかたまりです。遅刻したせいでオマール海老全体の写真を撮ることができませんでした。

14808932_10210736465744606_1642296400_o

前菜 : オマール海老

 

男5人でオシャレという言葉からは程遠いとはいえ、さすが美食を求めるグルメ家たち、盛り付けに手はぬきません。いきなり最高に贅沢なオマール海老の前菜から「美食パーティ」はスタートしました。

続いての食材は「リー・ド・ヴォー」、日本語では仔牛の「シビレ」という部位のことを指します。胸腺の肉のことですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-22-01-24

14786855_10210736458664429_751303392_o

前菜② : リー・ド・ヴォー

 

キレイに盛り付けたリー・ド・ヴォーにフォン・ド・ヴォー(仔牛の出汁)のソースをかけて提供されます。

うまい!めちゃくちゃうまい!リー・ド・ヴォーってこんなに柔らかい部位なんだと改めて驚きました。

 

小じんまりと盛られたオマールのあとに、小じんまりと盛られたリー・ド・ヴォーと続き、空腹に少しずつ少しずつ良質な食物が貯えられていく感触です。

2つの前菜を終え、待ち構えるはメイン!当然、それだけ美味しかった前菜たちの流れを引き継ぎ、メインも旨さのかたまりです。

14786871_10210736469104690_1534367661_o

アンガス牛のリブ肉です。豪快極まりない。これだけメインにふさわしい食材は他にはないでしょう。

しかもなんと、1kg80ユーロのリブ肉を約120ユーロ分を購入したそうです。

 

これフランスのSMIC(最低月給)のほぼ10分の1の値段の肉だからね」と強調している友人のセリフが印象的でした。

※フランスの最低月給は2016年10月現在、約1466ユーロ

 

14796070_10210736461544501_400617407_o

豪快に焼きます。

 

14799890_10211116130163818_1117968953_o

豪快極まりないです。

14800197_10211116141284096_1739183335_o

メイン : アンガス牛のリブ肉

盛り付けはというと大胆かつ繊細。キレイに盛られたリブ肉にパプリカとパセリを混ぜたバターをドカンと乗っけています。発想がすごい…。

14803335_10211116140364073_1137275051_o

男5人でひたすらにむしゃむしゃと食べ続けます。最高に美味しい肉でした。

そろそろお腹がいっぱいだったけれど、デザートは別腹。どんなデザートでもドンと来い!

14787584_10210736456304370_1499381499_o

デザート : メレンゲの生クリームとベリー添え

 

本当にドンと来た!巨大なメレンゲに生クリームとベリーを添えてドカンと一人前です。すごい食欲…。一体どれだけのカロリーを摂取してるんだろう…。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-22-27-40

最後はサイフォン形式で抽出したおいしいコーヒーを飲んでおしまいです。

最後に食後酒としてスコッチも飲んだのですが、今回はワイン含め、訳あってお酒の写真を撮り損ねてしまいました…。白はシチリア、赤はスペインのものを飲みました。

さて、「オマール海老」→「リー・ド・ヴォー」→「アンガス牛のリブ肉」→「巨大メレンゲ」と続いた今回の美食パーティ、1人当たりの参加費は33ユーロでした。

安い!!

 

これだけの食材をこれだけの量食べたら、レストランだと確実に100ユーロ近くはいくでしょう。

 

「美食」といえば洗練されたレストラン空間で提供される料理が思い浮かぶけれど、こだわる5人の猛者が大胆豪快に騒ぎながら調理する料理もまた、まぎれもない「美食」のうちの1つなのだと思い知らされた夜となりました。

食事会を堪能するパリノメモの筆者(右)

食事会を堪能するパリノメモの筆者(右)

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに