【フランス留学】キャンパスフランスでの面接って何を聞かれるの?

e7f3df9e485cb0e04a3d6fedb3dd2cb7_m

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

3ヶ月以上のフランス留学をする場合、すべての人が必ず「Campus France(フランス政府留学局)」という機関を通して手続きをします。

学校登録やオンラインフォームの提出をこの機関を通して行うわけですが、それらを終えたのちに、実際にこの Campus France に出向いて、面接を受けることになります。

面接と言われるとけっこう身構えて緊張してしまうものですが、その割にはネット上にあまり情報が転がっていません。

というわけで今回は、フランス留学をするために実際に Campus France で面接を受けたぼくが、どういった雰囲気でどういった内容を聞かれるのかを簡単にまとめてみたいと思います。

 

※ フランスの大学院(修士課程)に登録をしたぼくの経験に基づいて書いているため、人によって内容が異なってくる可能性があり、この記事はあくまで参考程度にしてください。

※ 交換留学などの場合、この面接は免除されるようです。

 

↓学生ビザの申請手順&方法が知りたい方はこちら↓

 

Campus France での面接って何するの?

e7f3df9e485cb0e04a3d6fedb3dd2cb7_m

面接の目的

まず最初に知っておくべきなのは、Campus France で行われるこの面接は、ぼくたちが想像しているいわゆる「面接」とは違うということです。

というのも、Campus France はあくまで留学を希望する人をサポートするのが役目であって、決して留学を希望する人を「君は留学しちゃダメ」と門前払いしようとしているわけではないのです。

考えてみると当然で、そりゃあフランスという国だって外国からたくさん留学生が来てくれれば文化的にも経済的にもいろいろメリットを得られるので、そのフランスの政府機関である Campus France は、なるべく多くの留学生をフランスに送りたいわけです。

じゃあなんで面接なんてまどろっこしいマネをするのか。

それは、留学を希望する人たちに、ちゃんとした状態で、その人に一番合うであろう教育機関を選んでもらったうえで、フランスに向かってほしいからなのです。めちゃくちゃな計画でフランスに行かれても、困るのはその人を受け入れてしまったフランスという国ですからね。

そういう意味で、「面接」といわれているこの手続は、どちらかというと「面談」というものに近いです

ちゃんとした計画を立てているか、その教育機関で本当にいいのか、そういったことを一緒に話し合いながら確認してくれるわけですね。

だから、「面接落ちたらどうしよう…」とか、必要以上に身構える必要はありません。

「面接」っていうから、ぼくは身構えてしまってスーツで行きましたが、そんな雰囲気でもありませんでした。

 

実際にどんなことを聞かれるのか

それでは、「面接」ならぬこの「面談」では、いったいどんなことを実際に聞かれるのでしょうか。

すでに説明したとおり、Campus France はなるべくちゃんとした計画をもって、なるべく希望する教育機関にぼくらを入れてあげたいのです。

だからそのために、その人の留学にどれだけの一貫性があるのかをチェックします。たとえば、ぼくは実際にこんなことを聞かれました。

 

① なぜフランスに留学するのか。

② なぜその学校を選んだのか。

③ 留学を終えたあとはどこで何をしたいのか。

 

まさに「一貫性のチェック」って感じですね。面接を担当してくれた職員いわく、こういった一貫性を提示したほうが、教育機関の受け入れ許可が出やすくなるとのことでした。そりゃそうだ。

だから、この面談で、実際に留学を希望する人の一貫性を聞き出して、それを書類に記入して教育機関に送ってくれるわけなのです。

その他にも、驚いたことに語学チェック(?)もされました。

ある程度日本語で話し合ったあとに、「フランス語のコースを希望されるとのことなので、ここから先はフランス語で面接をします」と突如言われたのです。

今でこそそのくらいならなんの抵抗もなくササッとこなすことができますが、さすがに留学前でまだフランス語が馴染んでないぼくはかなり焦りました。

え?今からフランス語で話すんですか?」と聞き返すと、面接官の方はフランス語で質問を始めました。なんの準備も無しにフランス語で自分の将来の計画を語るのはちょいと骨が折れたものです。

ただ、これはぼくが大学院への登録を希望していたからだと思います。さすがに語学学校に留学する人に対して語学チェックはやらないと思います(確証はありません)。

そうして、30分ほどの面談はあっさりと終わったのでした。

Campus France での面接(面談)を控えている人は、自分の留学にどういった一貫性があるのかを考えておいて、できればそれをフランス語で話せるようにしてから向かいましょう!

 

 

↓この記事を書いた人のプロフィールはこちら↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-23-22-20
ぼくの自己紹介をします。このブログに少しでも興味をもっていただけたならば、記事を書いてるぼくのプロフィールもご覧ください。 ...

↓学生ビザの概要と申請手順の解説はこちら↓

↓実際に大使館に申請をしに行ったときの様子はこちら↓

bb97dd57e857a03d375494570a9bbe59_s
9月からの渡仏に向けて、学生ビザの申請をする時期になりました。通常、渡仏3週間前からのビザ申請が推奨されているため、このタイミングで大使館に出向...

↓フランス政府給費留学制度採用までのプロセスはこちら↓

mark-516277_1920
かつて、フランス系知識人への登竜門とまでされたフランス政府給費留学制度に、実際にボクが採用されるまでのプロセスを11個に分けて詳細を資料化してみ...

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です