【仏大統領選】仏メディア「右派政党の候補者は多すぎると思いますか?」

2016/09/24

仏メディア「Le Figaro」が、仏大統領選の予備選を受けて、読者に対して「右派政党の候補者は多すぎると思いますか?」というアンケート調査を行いました。

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。

 

大手仏メディアである「Le Figaro」が、仏大統領予備選に関するアンケートを行いました。

テーマは「右派政党の候補者は多すぎると思いますか?」といったもの。

 

というのも、右派である共和党には8人の候補者がいて、けっこうややこしい事態になっているのです。

9月13日付の「Direct Matin」では、8人の候補者の名前とそれぞれの政策がまとめられるに至りました(下記画像参照)。

9月13日付「Direct Matin」

9月13日付「Direct Matin」

 

アンケートへの回答は、「Oui(はい)」・「Non(いいえ)」の2択で、回答後にコメントも可能となります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-17-36-30

9月13日17時50分(現地時間)時点で、回答者は33502人にのぼり、76%が「Oui(はい)」と答え、残りの24%が「Non(いいえ)」と回答しました。

 

少なくともこの調査では、右派の候補者数を「多い」と捉える有権者が大多数を占めていることが明らかになりました。

 

なお、コメント欄には、

 

無能が多すぎる…

もういろいろと見てきた人たちばかりだから、なにもポジティブな結果を期待することができない

1人でも多い

もう誰が当選するかわかったようなものだから多い

 

などの「Oui(多すぎる)」派のコメントが多数見られ、その他にも、

 

いいや、いまはようやく複数人が主張をすることのできる稀な瞬間なんだ。左派にとってもこれは同じだ

多すぎるってなんだ?Figaroは民主主義を否定し始めようとしているのか?

 

などの「Non(多くない)」派の冷静な回答も複数ありました。

 

なお、共和党の予備選は2016年の11月20日と27日に行われる予定です。

今後の動向が見逃せません。

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに