エリゼ宮殿、

【文化の日】フランス・エリゼ宮殿内部の写真&動画を大量公開!!

2016/12/12

毎年9月第3週の週末になると、フランスは「文化の日」というイベントで盛り上がります。元老院や外務省、そしてエリゼ宮殿など、普段は一般人立ち入り禁止の場所に、なんと無料で入場することができるようになるからです。

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

 

先日、普段は一般公開されていない重要施設に誰でも入れるようになるというヨーロッパイベント「Journée européenne du patrimoine文化の日)」をフランス内で満喫してきました。

元老院や外務省など、重要施設に簡単に入れるようになってしまうわけですが、今回は、実際に突入してきた「エリゼ宮殿」の写真&動画を大量に公開しちゃおうと思います。

 

 

スポンサーリンク

公開しちゃって大丈夫なのか?

国家の重要施設の内部の写真と動画をこんなところで公開してしまって大丈夫なのかと思われるかもしれませんが、ぜんぜん大丈夫です。

むしろ、エリゼ宮殿の入り口には、「インスタやツイッターでハッシュタグを付けてシェアしてください」と書いてありました(見たときさすがにクスッと笑った)。

 

 

それでは、お言葉に甘えてじゃんじゃん公開していきましょう!

 

まずは長蛇の列…

 

さっそく宮殿内部の写真&動画を公開したいのですが、そうもいきません。

なぜなら、実際にエリゼ宮殿の中に入るには、超長蛇の列 に並ばなければならないからです。この苦労を伝えたい…。

 

 

7~8時間並ばなくてはいけないと話に聞いてはいたものの、「いやいや、まさかあのフランス人が本当にそんな長蛇の列に並ぶわけないだろう」と調子に乗っていたのが間違いでした。

さすがにエリゼ宮殿ともなると、他の重要施設よりもはるかに人気が高く、観光客だけでなく現地のフランス人も尋常じゃない人数が押し寄せてきます。

ボクは朝の7時30から並び始めましたが、宮殿内に入れたのは結局13時30分ごろでした。6時間も並んだよ…。

 

 

保証はできませんが、多分7時か、もうちょっと前くらいに行くのがベストです。寒かったりするので、防寒装備は忘れずに。

あと、本とか新聞とか時間を潰すものは忘れずに、できれば話し相手の友達を連れていきましょう。

 

 

やっとエリゼ宮殿の中に…

6時間並ぶと、やっとエリゼ宮殿の中に入れる順番がやってきました。

 

まずは門をくぐって、通路をたどっていくと…。

img_2349

img_2357

 

めちゃくちゃテンションの上がる光景が迎えてくれます。

宮殿の建物と、開けた前庭が!!

 

6時間も密集した長蛇の列で耐え抜いてきたので、この開放感は気持ちいい。

 

少し足を進めると、ものすごく神聖(?)な空間にたどり着きました。というのも、「エウロペ」と「ド・ゴール」と「ミッテラン」の肖像画が同じ空間に飾ってあったのです…。

 


 

そして少し先に行くとたどり着くのが……。

 

 

 

ところで、ボク、専門は外交とか政治じゃなくて「飲食文化」なので、やはり気になるのはエリゼ宮殿の飲食文化。

 

 

 

そしてかの有名な(?)晩餐会の間…。

 

 

もともとボクがエリゼ宮殿に行こうと思ったのは、西川恵さんの「エリゼ宮の食卓」とか、映画『大統領の料理人』とかを観たからだったので、こういった食事の間に実際に訪れたときは、テンションが尋常じゃなく上がってました。

 

 
テンションを抑えてなんとか終盤にたどり着いたときに目の当たりにするのは、「フランス共和国憲法の調印」です。この署名をもってして、今のフランスが始まったということができます。世界史好きとかにはたまらないのでは!

 

なにかこう、壮大なものを感じますね…。

 

いよいよもうエリゼ宮殿内をめぐるのも終わりで、外に出ることになるのですが、これまた有名な場所にたどり着きました。「中庭」です。

 

 

 

中庭がものすごい賑わっているなと思ったら、なんと大統領本人がエリゼ宮殿に来ていたのです。

残念ながらボクは間に合わず、遠目にしか見ることができなかったのですが、恒例のごとく、みんなセルフィーをたくさん撮っていたことでしょう。

 

ミーハーではありますが、ボクもオランドとセルフィー撮りたかった…。

エリゼ宮殿で現大統領とセルフィーって…。さすがにそれはすごい。

 

以上が、文化の日にエリゼ宮殿を訪れたレポートとなります。

毎年9月にこのイベントは開催されますので、ぜひ来年のこの時期にフランスを訪れる方はエリゼ宮殿に訪れてみてください。

 

6時間以上並ぶことになると思いますが、それでも満足のいく体験に必ずなるでしょう。

 

エリゼ宮殿出口付近にあったお土産ショップ

エリゼ宮殿出口付近にあったお土産ショップ

 

ちなみに出口付近には、臨時のお土産ショップがありました。ライターはエリゼのマーク入りでなんと1ユーロ!普通に町中で買うよりも安いんじゃないか(?)

 

 

e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s
仏メディア「Le Figaro」が、仏大統領選の予備選を前にして、読者に対して「フランソワ・オランドは立候補を辞退すべきだと思いますか?」というアンケート調査を行いました。

 

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに