世界最高のイルミネーションが見れる「光の祭典」って知ってる?

スクリーンショット 2017-01-16 21.51.13

こんにちはマエダジュロウです(@Parisnomemo_)。

みなさん、毎年12月になるとフランス・リヨンで開催される「光の祭典(フェット・ド・ラ・リュミエール)」って知ってますか?

すでに多くの人に知れ渡っているお祭りなので、あえてこのブログで触れる必要はないかもしれませんが、それでもやっぱ個人的にこの「光の祭典」は本当にすごいと思うので改めて紹介したいと思います!

ちなみに、このブログとパートナーシップを結んでいるフランス語学習サイト「TIPAのフランス日記」の今週のエピソードが「光の祭典」に関するものだったので、写真は「TIPAのフランス日記」から引用します!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-11-57-38

※ 当ブログ「パリノメモ」は、フランス語学習サイト「TIPAのフランス日記」より画像の使用を正式に許可されています。

 

 「光の祭典」とは?

スクリーンショット 2017-01-16 21.56.16

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

「光の祭典」とは、毎年12月にフランス・リヨンで行われる祭のことで、その名の通り「光」を使って大騒ぎをします。

フランス語では「Fête de la lumière(フェット・ド・ラ・リュミエール)」と言って、4日に渡ってリヨン中の300以上の建物がイルミネーションで飾られ、主要な場所ではなんとプロジェクションマッピングで派手な見物パフォーマンスを行います。

 

スクリーンショット 2017-01-16 22.00.16

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

「光の祭典」の期間になると、ヨーロッパ中、いやもはや世界中から観光客が集まって、リヨンは人混みに埋もれます。ホテルとかもほぼ満席になります。

いまの時代はAirBnBとかがあるから宿泊先とかは見つけやすいのかな?

 

スクリーンショット 2017-01-16 22.03.09

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

見てくださいこの画像。リヨン市庁舎の大きな壁面全体にプロジェクションマッピングで光によるアニメーションが流されます。

ぼくがリヨンに留学していたころ、ちょうどこの「光の祭典」の時期がかぶったわけですが、周りの人が「街中がライトアップされるお祭だよ」というものだから、「なんだ、ディズニーランドのパレードみたいなものか」と思って油断をしていたら完全に度肝を抜かれました。

街中がライトアップというか、街中の建物に巨大な光のアニメーションが流されていたからです。予想をはるかに上回って感動したものです。

 

スクリーンショット 2017-01-16 22.08.55

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

この上の画像もリヨンの市庁舎の壁面に流されたアニメーションの一部です。

画像だといまいち伝わらないのが悔しいんですが、巨大な建物の壁面全体にド派手なアニメーションが流されてると想像してみてください。普通に唖然とします。

 

スクリーンショット 2017-01-16 22.11.22

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

ほら、こんな感じです。これ親友のアントワーヌが遠くから取った映像の一部なんですが、規模感が伝わってきますよね。

まじですごいんですこの祭り。

 

スクリーンショット 2017-01-16 22.15.33

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

ちなみに、「光の祭典」の時期は、フランス中から、あるいはヨーロッパ中、いや世界中から多くの人々が集まってどんちゃん騒ぎをするわけですが、じつはリヨンに住んでいるリヨン市民もけっこうノリノリで、ベランダにロウソクを灯すなんていう週間もあります。

現代的な「光」だけでなく、昔ながらの伝統的な「光」、つまりロウソクも灯すというわけです。おしゃれな文化ですねー。

 

スクリーンショット 2017-01-16 22.17.59

TIPAのフランス日記」エピソード第115話より

12月という真冬の時期ということもあって、この祭の期間は、街中でシナモンの香りが効いたホット・ワイン(ヴァン・ショー)が売られます。

パリで祭があるときも、もちろんこのホット・ワインを道端で買えるわけですが、やっぱり3〜5ユーロとわけのわからない高値が付けられていて、一方でリヨンは大体2ユーロが相場なので気軽に飲むことができます。

最近ではリヨンも値上がりしたのかな?現地の状況がわかる方がいましたら教えてください。

ちなみに、一発で「光の祭典」の雰囲気が伝わるタイムラプス動画がArmsphereによってyoutubeに投稿されていたので貼っておきます。見てみて下さい。

(参照:https://www.youtube.com/watch?v=JyyjtrW6pg0#action=share)

 

さて、ざーっと毎年リヨンで行われる「光の祭典」の雰囲気を伝えてみようとしましたが、いかがでしたか?

さすがにこれを見るためにわざわざ日本から来るというのはギリギリやり過ぎな気もしますが、冬にフランスに旅行する予定がある人は、この「光の祭典」のタイミングに合わせる価値は大いにあると思います!

 

なお、「光の祭典」を紹介するために使った画像たちは、フランス語学習サイト「TIPAのフランス日記」のエピソード第115話より引用をしたものです。こういったフランスの文化を知りながらフランス語を学ばれたい方は、ぜひ「TIPAのフランス日記」の1ヶ月無料体験をどうぞ!!

 

 

※ 当ブログ「パリノメモ」は、フランス語学習サイト「TIPAのフランス日記」より画像の使用を正式に許可されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-12-54-45

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です