6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_m

【海外ブログ】「海外盲信型」の日本批判には、ちょっと疑問を感じる

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

 

フランスという海外に暮らしながら自分の情報を発信していく中で、他の人が発信している情報にもものすごい頻度で目を通すようになりました。

他の人はどんなブログでどんな記事を書いているのかな〜って、参考にしたい気持ちがあるからです。

 

その過程で、海外に在住されている方が発信している情報には、日本の文化&社会を海外と比較して冷静に批判してみるというジャンルがあることに気が付きました。「日本は〜」・「日本人は〜」と、こんな感じで始まる批判記事です。

ボクもちょくちょく書いてます。

03a930c8447acc4343cfe01ab69964b4_m
こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。 早稲田大学を卒業したあと、現在フランスの

 

さて、そんな日本の文化&社会を批判するブログ記事には、「海外参考型」と「海外盲信型」の2つのタイプがあることに気づいたので、今回簡単に触れてみようと思ったのです。

 

スポンサーリンク

「海外参考型」の日本批判

ca61894bf365de0c7769144e9ecddfb9_m

海外参考型」の日本批判とは、日本社会の改善&向上を目的に、海外の事例を参考にするタイプの批判のことです。

先日ボクが寄稿をした「Tatsumaru Times」さんなんかはけっこういい例で、海外の事例を参考に、日本の改善点を冷静&知的に指摘しています。

その他にも、たとえば 「新卒フリーランス」という概念を全面に主張しているドイツ在住のWSBIさんのブログも「海外参考型」に分類されると思っています。

ドイツや、その他の国々の事例をよく調べながら、新卒で一般企業に就職する以外の道や、あるいは海外ノマドをする道を上手に提示されていると思います。

どちらのブロガーも、非常に知的で、日本以外の国の情報を上手に掴んできて、それを日本社会に強要することなく、あくまで「1つの選択肢」として伝えています

その他にもいろんな「海外参考型」のブロガーさんがたくさんいて、彼らの声が日本社会に蓄積されていって、確実に良い影響を及ぼしているとボクは思っています。

 

「海外盲信型」の日本批判

186d5287ea822bb78fddfb705a1e3857_m

その反面、「海外盲信型」のブログ記事がたくさんあるということにも気が付きました。

海外盲信型」の日本批判とは、海外の事例を取り上げて、「海外ではこんな風にするのに日本ってホント変な国だよね」と、改善&向上を求めない、ただの日本を否定しているだけの批判です。

別に喧嘩を売ろうとしているわけではないし、そういう意見を求めている人がいるのも事実なので、ここで実際の例を取り上げることはしませんが、ボク自信はあまりよくは思っていません。

なぜなら、日本はあくまで「日本」だからです。

むやみやたらに海外でやっていることが正しいと考える必要はありません。

海外ではいくらこうだといったところで、日本には日本の文化や社会があります

そんな日本の文化や社会も、ときには悪しき方向に進んで、たとえば過労死やイジメ自殺を発生させてしまったりと、改善が必要なときがあります。

そんなときに、海外の事例を参考にするのはいいことですが、むやみやたらに「海外ではこうなのに…」だけを主張してたら、それはただの盲信です。なんの生産性もありません。

海外が大好きで、それが絶対的だと思っているのなら、それは個人の自由なので何も言いませんが、少なくともボクは読まないようにしています。

 

その他 - もはや「我流型」の日本批判

6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_m

さて、日本批判の記事を書いている方の中には、もはや我流を貫いて、言いたいことを言いまくってる爽快なブロガーさんもいます。

雨宮の迷走ニュースというブログを運営している雨宮さんなんかが代表的で、彼女が感じた日本の嫌なところ&変だと思うところに関して、まじで言いたいことを言いまくってます。

彼女が日本社会に改善&向上を求めているのかは不明ですが、ただ単に自分が体験した日本社会の「嫌だったこと」をこれでもかというくらいに爆散させています。

海外を参考にしているわけでもなく、海外を盲信しているわけでもなく、もはやただの日本文化&社会に対する復讐のようにも思えます(?)

ここまで壮絶に日本批判をされると、もはや気持ちいい(?)

完全に個人的な鬱憤をひたすらに綴り続けて、それが大きな共感を得て爆発的にシェアされていますね。普通にすごい。

もちろん、ブログという性質上、なにを書くのかは個人の自由ですし、だからボクもブログをやっているわけですが、海外に住んでいる日本人と多く巡り合う中、むやみやたらに海外を盲信して日本批判する姿勢はちょっとどうなのかなーと思ったのでまとめてみました。

みなさんの意見を聞かせてください。

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに
  • パリで個人事業主やってるぼくが自分の収益源がいくつあるのか数えてみた
  • ソルボンヌ大学院生が語る!今すぐフランス語辞書アプリを使うべき7つの理由
  • -海外生活, 考えたこと