【評判】マルチリンガルのボクがオンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」を試してみた

06aaf2c12420a2a99ab13321355300c3_m

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

ボクは8歳のころからバイリンガルをやっていて、今は4ヶ国語を話すマルチリンガルになりました。

そんなこんなで語学学習に関する記事をしばしば書いているわけですが…

今回は、以前書いた「【マルチリンガル】4ヶ国語話者のボクが伝える外国語学習5つのコツ」という記事を経由して、オンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」さんから体験のレビュー記事を書いて欲しいという依頼をいただきましたので、がっつりとレビューをしてみたいと思います!

 

オンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」って?

スクリーンショット 2018-08-31 15.14.05

 

オンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」とはスカイプを利用して英会話の授業を提供するサービスです。

実際に英会話を教えてくれる先生たちは、アメリカ・カナダ・イギリスなどの「ザ・英語圏」出身の講師のみで構成されており、評判によるとそれが最大の売りのようです。

フィリピン人講師などを利用してワンコインを売りにしている他社に比べると、受講料はやや高めですが、「ザ・英語圏」出身のネイティブ講師が担当してくれるのだと思うと、それなりに妥当な値段なのだろうと思います。

プランA:50分レッスンを週1回 3000円/50分
プランB:50分レッスンを週2回 2260円/50分
プランC:50分レッスンを週3回 2060円/50分
プランD:25分レッスンを週2回 1500円/25分

 

とくに、プランCだと、週に3回受けなければならないという条件付きではありますが、ネイティブ講師を50分雇って2060円というのはなかなか結構安いんじゃないでしょうか。

本気で外国語を伸ばしたいと思うのなら、週3回くらいは授業受けたほうがいいですしね。

 

ひとまず、レッスンを受けてみた

さて、なによりもまず、やってみないとわからないのが物事の本質です。

今回、マルチリンガルブロガーとして特別に体験レッスンを受けさせていただきました!

 

日時を指定して申請をすると、さっそくスカイプからリクエストが届き、レッスン当日を待ちます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-13-27-28

ちなみにボクの体験することになったのは日本在住のアメリカ人・Jessie先生の授業です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-12-24-36

当日は、おそらくボクのPCの不具合で向こうのビデオ映像を受信することができなかったのですが、本来は双方とも顔を出してのビデオ通話になります。恥ずかしいとかがあれば、相談次第で生徒側は見せなくてもいいと思います。

簡単に自己紹介をして、レッスンに入ると、Jessie先生の授業が非常にキレイに構成されていて、「プロの英会話講師」だということがよくわかりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-12-40-30

グラフを用いて英語で状況分析&状況説明をする練習をさせられたり、会話文を見せられて発音の練習をしたり、ただ単に英語で会話をするだけではなく、技術としての英会話を教わっているという気がしました。評判どおりですね。


Jessie先生ありがとう!

 

※ まず一度受けてみたい!という人は「ウェルカムコース」という体験レッスンがあります。ウェルカムコースを受けた後、本入会をすればウェルカムコースの費用3000円がキャッシュバックされるシステムです。

体験コースを受けてみる

 

 

マルチリンガルであるボクの素直な感想は!?

Mainichi Eikaiwaの魅力的な点

その一:「ザ・英語圏」出身のネイティブ講師

すでに何度も述べたとおり、オンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」の魅了は、その講師たちのクオリティーの高さにあります。

まず、講師たちが全員英語圏のネイティブだというのはとっても大事です。なんでかっていうと、言葉っていうのは最終的に「文化」というものに結びつくから、いくら英語を話せてもその文化圏の人でないと、微妙な表現とかニュアンスはどうしても把握しきれないんです。

たとえば、ボクは日韓ハーフという立場上、幼少期に何年も韓国で過ごしたため韓国語がネイティブなのですが、それでも大人になってから韓国に住んだことがないため、酒の席での会話とか、上司に対する接し方とか、映画とかドラマで見たことしかわからなくて、どうしても完全な韓国人に比べると言語の文化的側面がちょっと抜けてしまうことがあります。

ペラペラではあるんですけど、やっぱりどうしても表現しきれない微妙なニュアンスというものがあるんです。

だから、「Mainichi Eikaiwa」の講師が完全ネイティブだというのはとっても大事だと思います。

 

その二:高学歴の講師陣

「ザ・英語圏」出身のネイティブであるというだけでなく、みんな高学歴というのもポイントです。ボクを担当したJessie先生はアメリカで修士号をとってますしね。

なんで高学歴なのがポイントなのかというと、自分がたくさん勉強をしてきただけあって、教えるのがうまいんです。本当に。

人が何かを学んでるときに、どういうところでつまずいて、つまずいたときにどういう風に対処すればいいのか、それらを全部ちゃんとわかってるんです。

だから、レッスンが終わったあとに、冷静にボクの英語能力のストロングポイントとウィークポイントを指摘してくれましたし、おかげさまでボクの英語学習の展望もちょっと見えてきた気がします。

 

これらの、「ネイティブ」&「高学歴」という魅力は、どうしても格安フィリピン人講師とかでは出せない点だと思います。

ボクは大学1年生のときにフィリピンに6週間の語学留学をして、なんならその後自分でフィリピン人講師とのオンライン英会話サービスを作って先生2人と生徒5人を仲介していたこともあるくらいフィリピン人との英会話に関してそれなりに把握しているのですが、フィリピン人による英会話授業は、ある一定程度のレベルまでで、上級クラスとかになってくると、少しお金をかけてでも英語圏のネイティブ講師にシフトすべきだと思っています。


ビジネスレベルとかだとやっぱりネイティブがいいかもしれないですねぇ…

以上が、オンライン英会話サービス「Mainichi Eikaiwa」の体験レビューとなりました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です