パリ観光メディア「O’bon Paris」の運営メンバーと打ち合わせしてきた!

IMG_2041 2

こんにちはマエダジュロウです(@Parisnomemo_)。

1ヶ月にも渡る日本出張が終わり、ようやくパリ生活が再開しました。

じつは日本に一時帰国する直前、なにかしらのコラボレーションができないかと、パリ観光情報メディアの「O’bon Paris」の運営メンバーの方々に連絡をいただきお会いしてきました。

今回は、「O’bon Paris」の紹介も兼ねて、打ち合わせのときの様子を簡単にレポートしてみたいと思います。

 

パリ観光メディア「O’bon Paris」とは?

「O’bon Paris」の紹介

スクリーンショット 2017-08-10 12.03.26

「O’bon Paris」とは、フランス人のJessyさんとPaulさんと、韓国人のAnjiさんが組んで2015年に始動した、パリに来る個人旅行者をターゲットとした観光情報メディアです。

O’bon Paris 企業理念

ビジョン: 私達は、旅行とは自由気ままに導かれる冒険であるべきと考えています。

ミッション: O’bon Parisは実際に自分たちで体験し、納得した現地に住むからこそ知れる最高のティップスをパリに来る個人旅行者に伝授します。

メソッド: O’bon Parisはレスポンスの早く、手軽で便利なウェブサイトを通じてコミュニケーションをします。

 

パリという街柄、観光に関するメディアはぶっちゃけ無数に存在しますが、その中でも、「O’bon Paris」は特筆してクール!なぜなら、いろんなパリの老舗店舗・有名企業と提携をし、読者に独自クーポンを発行するシステムを作り上げたからです。提携するのにかなり苦労したんじゃないかな…。

o bon paris

クーポンの一例:ワインショップやレストランだけでなく、SIMカードやホテルのクーポンもある

クーポン一覧はこちら

しかも、このメディアは中国・台湾・韓国までターゲティングをしていて、かなりの規模のメディアです。やはり運営に他国籍人が関与しているためか、日本市場だけにとらわれていないところがいいですね。

「O’bon paris」は、クールな手段で正当にパリ観光を盛り上げていて、それゆえにフランスの政府組織であるパリ観光開発機構(Atout France)からオフィシャルな認定起業とされているのです。

「O’bon Paris」とつながったきっかけ

きっかけはFacebookです。「O’bon Paris」の日本人スタッフのクロダさんがFacebookで連絡をくれました。

クロダさん

クロダさん
マエダジュロウさん、初めまして!◯◯さんの紹介で連絡しました。うちの「O’bon Paris」とマエダさんのブログとでコラボレーションなどしてみませんか!
マエダジュロウ

マエダジュロウ
え、マジですか。「O’bon Paris」よく見てます!
クロダさん

クロダさん
ぜひ、一度パリ市内でお会いして、いろいろとお話ししましょう!
マエダジュロウ

マエダジュロウ
もちろんです!出張前でバタバタしてるんですが、午前中とかで無理やり調整しますよ!

…最近、いろんな企画話をFacebookとかTwitterでもらうことが多々あります。さすがにもうこういったSNSを軽視する時代は終わってますね。SNSは基本、あとはそれ+αで営業をやっていく時代ですね。

このブログのFacebookアカウントとTwitterアカウントはこちらです。フォローお待ちしてます。

 

いざ、打ち合わせに!

4対1の圧迫面接!?

さて、そうこうしているうちに、いよいよ打ち合わせの日になりました。当日は午前9時ごろ待ち合わせだっけな…。前日の夜に緊急案件が発生して、徹夜で作業をして、そのまま打ち合わせに向かった記憶があります。

すると…、まさかの相手は4人!しかもフランス人が3名…!


そりゃ、フランス語で打ち合わせくらいはできますけど、徹夜の状態で、しかも完全に日本人との打ち合わせだと思っていたところに、まさかのフランス語で4対1の圧迫面談!ピンチ…頭回ってないぞ!

 

マエダジュロウ

マエダジュロウ
ク、クロダさん…!

……

ボ、ボンジュール…

……

……

……
マエダジュロウ

マエダジュロウ
ゴクリ……

 

というのは冗談で、みなさん、とても気さくな方々でした。

「O’bon Paris」を立ち上げたきっかけ、取り組み、規模感などを説明をしてもらい、「フランス 日本人 ブログ」という検索ワードでぼくのブログにたどり着いたという経緯まで教えてくれました。ぼくのブロガーとしての実績を評価してくれて、今回の打ち合わせをセッティングしてくれたようです。

ちなみに、「フランス 日本人 ブログ」で検索すると、以下の記事が上位に出てきますね。

 

「パリノメモ」と「O’bon Paris」が一緒にやってみたいこと

IMG_2042_sRGB

O’bon Paris」は複数人の運営体制でクーポン発行という新たなシステムをパリ観光にもたらしたメディア、一方でこのブログ「パリノメモ」はぼくが一人でただガムシャラに書き続けてたら地味に存在感を増してきた個人メディア。両者が協力をすれば、できることがたくさんあります。

たとえば、「O’bon Paris」がクーポンを発行している世界最大級のワインショップ「LAVINIA」だって、ブロガーとして訪問して取材記事を書けば、また新たな魅力を読者に伝えることができます。

ネットユーザーが知りたいと思ってる「体験」を、取材&調査をして伝えることこそがブロガーの仕事なのです。

ぼくとしても、フランスの「観光」というテーマに、ブロガーとして切り込むきっかけを得られるのでありがたい話です。フランスにおける「観光」ってあまりにビッグテーマすぎて、なかなか触れられなかったんですよね。

それを、これだけの大きなメディアがコラボレーションしてくれるというのだから、こんなにいい機会はありません。

ぜひとも、いろんな企画を一緒にやっていきたいものです。

 

「パリノメモ」は今後もパリを「メモ」してまいります

パリノメモがやりたいことは、「フランス」を批判的な議論の卓上にあげたいこと。批判といってもべつに悪口を言うわけじゃなくて、冷静に考察をするって意味ですよ!

フランスと聞いたときに、「わー、オシャレ!」で終わるんじゃなくて、なんでフランスをオシャレだと思うのかまで、みなさんと議論したいんです。そうしないと、本当のフランスの魅力がわからないはず。

そのために、今回、「O’bon Paris」がくれた貴重な機会を利用して、今後もフランス・パリを面白おかしく批判的に「メモ」していきたいと思います!

 

マエダジュロウ

マエダジュロウ
クロダさん、よろしくお願いします!!
クロダさん

クロダさん
……

…えっ?

 

ちなみに、この日、このあと通訳が2本入っていたため、帰ったら脳の疲労で(?)鼻血が出ましたとさ…。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です