writing-1149962_1920

【フランス留学】移民局(OFII)提出用フォームの目的と書き方を解説!

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

今回は、フランス留学をする際に取得する長期学生ビザの申請に必要な書類の1つである「移民局(OFII)提出用フォーム」の概要と、その記入の仕方について説明したいと思います。

↓学生ビザの申請手順はこちら↓

↓学生ビザ申請書の書き方はこちら↓

 

スポンサーリンク

移民局(OFII)提出用フォームの概要

なんのための書類?

「移民局(OFII)提出用フォーム」というのは、学生ビザを申請する際にフランス大使館に提出しなければならない書類の1つなのですが、いまいちなんのための書類なのかわかりませんよね。

じつはこの書類、どちらかというとフランス現地についてから必要になってくる書類なんです。

というのも、学生ビザを取得してフランスに入国したあと、その学生ビザを「滞在許可証」として有効化する必要があって、そのときにOFII(移民局)のオフィスに提出する書類の1つが「移民局提出用フォーム」というわけなのです。

「学生ビザ」と「滞在許可証」の関係性についてはこちらの記事で説明しています。

 

だから、フランス現地でちゃんと完成した「移民局提出用フォーム」をOFII(移民局)に提出できるように、まずは日本でフランス大使館がチェックをしてくれて、さらに彼らは彼らで必要項目を埋めてくれるというわけです。

そんなにややこしい書類ではないんですが、無いとビザも滞在許可証も取れないのでしっかりと準備しましょう!

 

ダウンロードの仕方

長期学生ビザの申請書をダウンロードするには、まずは在日フランス大使館のホームページに飛んで下さい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-20-13-59

▲ トップページ上部に「ビザ」という項目があるので、そこにマウスをあてて「各種ビザ案内」をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-20-14-14

▲ すると、ページ下部に「学生ビザ」という項目があるので、それをクリックしてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-20-14-33

▲ すると、項目の一番上に「学生ビザ(3ヶ月以上)」があるので、それをクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-13-22-23

▲ たどりついたページの一番下を見ると、「移民局(OFII)提出用フォーム」という項目があるので、クリックしてください。自動的にダウンロードが始まります。

 

ちなみに、ダウンロードページにたどりつくまでがややこしかったので一応解説しましたが、この記事を読んでくれているのならば、下のリンクをクリックすると一発でダウンロードページに飛びます。ページ下部にあります。

提出フォームのダウンロードページ

 

記入内容と書き方

最後に、移民局提出用フォームの記入内容と書き方をさらっとだけ説明して終えたいと思います。

 

大使館に行く前に記入必須な項目

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-35-12

まずは、ビザ申請をしに大使館に行く前に埋めなければいけない項目です。

 

NOM DE NAISSANCE : 名字を記入してください。結婚して変えた場合は旧姓を記入してください。

NOM D'EPOUSE : 結婚をして名字が変わった人は新姓を記入してください。そうでなければ空欄で。

PRENOM : 名前を書いてください。

SEXE : 性別です。男なら Masculin にチェック

NE : 生年月日です。1995年3月12日なら、12/03/1995と記入。

A : 生まれた都市です。東京なら Tokyo と記入。

PAYS : 生まれた国です。日本で生まれたら Japon と記入。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-35-25

NATIONALITE : 国籍です。「Nationalité」という単語が女性名詞なので、男女関わらず女性形の形容を記入してください。日本なら「Japonaise」

SITUATION FAMILIALE : 婚姻状態にチェックしてください。独身なら「CELIBATAIRE」にチェック。

FILIATION : 両親の名です。父母それぞれ姓と名を記入してください。もし父親のほうが姓を変更していたら父の旧姓を。

PASSEPORT : バスポート情報です。旅券番号と、発行日(日→月→年の順)と発行地を記入してください。東京なら「Tokyo」。

 

上記の項目だけ埋めれば、ひとまず大使館への申請書類としてはOKです。これらの項目を大使館にチェックしてもらって、ビザを渡される時にこの移民局用フォームも返されますので、それを大事に保管してフランスに持っていきましょう

以下に、上記項目の下にある項目について説明します。

 

大使館記入欄

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-35-38

これは、大使館が記入する欄です。記入しなくて大丈夫です。むしろ記入してはいけません。

 

フランスに着いてから記入する項目

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-52-12

これらの欄は、フランスに着いてから記入する項目です。大使館にビザ申請しに行く時は空白で大丈夫で、実際にフランスで移民局(OFII)に向かう時に埋めていきましょう。

CHEZ : 宛先です。基本的に自分の名かと思いますが、ホームステイとかなんかいろんな事情があるのならそれに沿って書いてください。自分に届けば大丈夫です。

BATIMENT : 建物名です。

NUMERO : 通りの番号。

RUE : 通りの名前。

CODE POSTAL : 郵便番号です。例えば居住地がパリ12区なら75012と記入。

VILLE : 都市。パリなら「Paris」。

TELEPHONE : 電話番号です。固定電話がなければ携帯電話だけで大丈夫です。最悪自分のじゃなくても、自分につながればいいです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-52-24

ADRESSE MESSAGERIE : メールアドレス。

LANGUE : 言葉です。「Compris à l'oral」には理解可能な言語と、「Parlée」には話せる言語をかいて下さい。そんな重要じゃないので、とりあえず「Français」と「Englais」とか書いとけば大丈夫です。

VISA : ビザ情報です。番号とか有効期限とかを書いて下さい。

DATE D'ENTREE EN FRANCE : フランス入国日を書いてください。

 

これらを記入したら、最後に、署名日&署名地を記入して、実際に署名をしたら完了です。署名形式はパスポートにしたのと同じのを採用してください。

 

移民局(OFII)が記入する項目

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-52-36

これは移民局(OFII)側が記入する欄なので記入しないでください。

 

こうして、すべての項目を埋めたら、ひとまず「移民局(OFII)提出用フォーム」は完成です。これをもって、フランス現地で移民局(OFII)に提出しましょう!

 

提出フォームのダウンロードページ

 

↓この記事を書いた人のプロフィールはこちら↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-23-22-20
ぼくの自己紹介をします。このブログに少しでも興味をもっていただけたならば、記事を書いてるぼくのプロフィールもご覧ください。

↓学生ビザの概要と申請手順の解説はこちら↓

↓実際に大使館に申請をしに行ったときの様子はこちら↓

bb97dd57e857a03d375494570a9bbe59_s
9月からの渡仏に向けて、学生ビザの申請をする時期になりました。通常、渡仏3週間前からのビザ申請が推奨されているため、このタイミングで大使館に出向く人は大勢いるのではないでしょうか。

↓フランス政府給費留学制度採用までのプロセスはこちら↓

mark-516277_1920
かつて、フランス系知識人への登竜門とまでされたフランス政府給費留学制度に、実際にボクが採用されるまでのプロセスを11個に分けて詳細を資料化してみました。

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに