sacre-coeur-102110_1920

フランス留学を2回経験した僕が語る、フランス留学の3つの苦悩

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

大学時代に1度フランス留学をしたにもかかわらず、卒業後またフランスに来てしまいました。フランスという国にどんどん深入りしていってる気がします。

 

人生で2回もフランス留学を経験すると、つらいことも楽しいことも含め、段々といろんな勝手がわかってきて、けっこう慣れてしまうものです。

今回は、ボクのフランス留学を振り返ってみて、苦労したなーと思う「フランス留学3つの苦悩」について書いてみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

本当に本気で言葉がわからない

board-64271_1280

フランス語は、英語に比べると日本人にとって圧倒的に馴染みのない言葉です。

「ストロベリー」とか「テーブル」とか「ライト」とか「ペン」とか、日常的に英語を使う言葉はいくらでもあるけど、フランス語はそうではありません。「ランデヴー」とか「アベック」とか「サボる」とか、あるにはありますけど、それがフランス語なのかすらわからずに使ってることが多いはずです。

しかもボキャブラリーだけの問題ではなく、映画やドラマ、あるいは歌など、リスニング的な問題でも英語はフランス語よりはるかに身近にあるのです。

さて、圧倒的に馴染みのない言葉だからこそ、フランス留学が始まったばかりの頃は、あまりにもフランス語がわからなすぎて唖然とします。

本当に本気でわからないし、聞き取れないんです。異国の言葉すぎて。

大体3ヶ月から6ヶ月を突破すればこの苦悩は少しずつ和らいできますが、それでも「フランス語」は、フランス留学において最も苦労する要素のうちの1つであるといっても過言ではないかもしれません。

 

フランス人が図々しすぎる

girl-647426_1920

フランス留学の苦悩は語学的な問題だけではありません。

フランス人が図々しすぎるのです。こちらがキレそうになるほどまでに、本当に図々しい。

 

閉店15分前の家電屋さんに入って、欲しいものを告げると、すぐ行くからちょっと待っててねと言われたことがあります。

10分経っても来ないものだから、どうしたんだともう一度訪ねに行ってみると、閉店5分前にはもう買い物できないよーと言われました。

 

え?

 

唖然としすぎて言葉が出ませんでした。ボクが待った10分間はなんだったんだろう。

もちろんこれだけではなく、フランス留学生活はフランス人の図々しさに辟易とすることばかりです。

激混み中のスーパーのレジのスタッフが気に入った客をダラダラと口説いていたり、銀行で口座を作ろうとして「来週キャッシュカードを受け取りに来て下さい」と言われるのを3週間延々と繰り返したり、人ってこういうときにキレるんだろうなと思わせることがいくらでもあります。

 

ちなみに、これを繰り返すうちに、段々とフランス人に対してなにも期待しなくなってきます。

そうなるとけっこう気楽な生活を送れるのですが、その次元に達するにはやはり3〜6ヶ月は必要でしょう。

 

フランスとフランス人の高尚な自信に圧倒される

musician-203479_1920

フランス人のそれだけの図々しさを支えているのは、フランスという国と彼らの文化の高尚さです。

どんなにフランス人がヘマをやらかしても、図々しいことをしてきても、彼らが凛とした態度を一貫していると、なんとなく彼らが正しいのではと思ってしまうのです。

ワインとか楽器とかファッションとか、なんかすごいし、彼らはきっとすごい人たちなんだろうなと、まだフランスの生活に馴染めていない時期はそう思ってしまいがちです。

これにやられて変に「フランス人になりたい」と、過剰にフランスに適合しようとする日本人もいるのですが、ボクはそこまでする必要はないと思っています。

というのも、彼らも所詮同じ人間。胸を貼って、高尚な文化を取り扱っているから、なんとなく「すごい人」に見えてしまうのですが、フランスに慣れて、フランス語もある程度扱えるようになってくると、彼らの言ってることややってることが案外大したことがないということに気づいてきます

もちろん、同じ人間だからこそ、「すごい人」というのがいるのはたしかなのですが、町中にいるフランス人が全員が全員そうなわけではなく、大抵は「偉そうに胸を張っている普通の人」でしかありません。

それに気づくことさえできれば、やっと「普通の日本人」として「普通のフランス」に溶け込むことができるでしょう。

いかがだったでしょうか。そもそも留学という行為自体、決して簡単なことではないのですが、ことフランス留学に限っては上に挙げた3つが最も大変なことだと個人的には思っています。

ただ、それは同時に、これら3つさえなんとか乗り越えてしまえばフランス留学は一気に楽しいものになりますので、つらくても決してめげずに頑張ってみましょう!

少しでも励みになればなと思い、この記事を書いてみました。

 

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに