日韓ハーフであるボクに日韓政治の話をもちかける人への違和感

476b96bf30fd7e57ec065d154c23bfac_m

日韓ハーフとして生まれたら、日韓政治について考えることを強要されなきゃならないのでしょうか。決してそうは思いません――。

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

 

ブログのサブタイトルにもあるとおり、ボクは日韓ハーフです。

バイリンガル
こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。 ...

 

日韓ハーフとして生きていると、日本の社会ではやはり少数派に属するため、周りの人からは不思議そうな目でいろんな質問をされます。

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s
日韓ハーフ&バイリンガルという生い立ちゆえ、人によっては物珍しくみえるようで、とくに初めて会う人にはいろんな質問をされます。韓国に友達はいるのか...

 

大多数の質問は「まぁそれは気になるよな…」と思うものばかりなのですが、中には「なぜそれを聞くのだろう???」と思う質問もあります。

 

その最も代表的なものが「日韓政治についてどう思いますか?」という質問です。

 

!?

 

どういう意図があってそういう質問をするのか、ボクには全くわかりません。

普通に政治の話をしていて、その流れで日韓政治について意見を求められるのならわかるのですが、ボクが日韓ハーフだと言った途端に日韓政治の話題を出す人は、いったい何を聞き出したいのでしょうか。

 

強調しておきますが、ボクは日韓の両親の下に生まれただけのただの日韓ハーフであって、日韓政治について考えることを義務付けられているわけではありません

 

それなのに、なぜか一部の人は日韓ハーフとして生まれたのだから日韓関係について考えるのは当たり前だろうという前提をもってして、ボクに意見を求めてくるのです。

 

人間が政治について考えなくてはならないのは、政治政策が最終的に自分の生きていく環境に関わってくるからという部分が大きいはずです。そういう意味で、ボクが国籍をもっている「日本」という国の政治には興味があり、日本政治の延長という形で日韓政治にはたしかに関心を持たなくてはならないとは思いますが、日韓ハーフだからというモチベーションは1ミリもありません。

 

一度、通っていた早稲田大学の教授に日韓ハーフであることを告げたとき「日韓関係についてどう思う?」と聞かれたことがあります。そのとき、「ボクは日韓ハーフですが、だからといって日韓政治について考えなければならない義務があるわけではありません」と回答を拒否しました。

するとその教授は「でも、日韓ハーフなんだから考えるべきだろう?」と言ってきました。

 

いや、関係ないから!

 

なんならボクが今興味をもっているのはフランスという国で、これからこの国で生きていこうとしているからフランスの政治には興味がありますけど、なぜ一部の人はボクに日韓政治について考えることを強要してくるのでしょうか。

普通に1人の人間として日韓関係について意見を求められるならわかりますが、日韓ハーフとして意見を求められるのは釈然としません

 

ボクにとって、日本と韓国の関係について考えることは、日本と中国の関係や、日本と台湾の関係について考えることとまったく同じ位置づけだからです。

たしかに日本と韓国のハーフとして生まれましたが、だからといってボクがこれからとる行為と思想はその両国の関係に縛られなければいけないわけでは決してありません。

日韓ハーフとして生まれたボクは、今は自由にフランス文化について学んでいます。

 

それでも、どうしても一部の人は、ボクに「日韓ハーフ」というレッテルを貼り付けてきて、「日韓」というテーマに縛ろうとしてきます。

どういう生まれをしたかで勝手にその人のことをカテゴライズして意見を求めてくる行為には、ある種の不快さすら感じてしまいます。

 

 

島国である日本にも、これからどんどん他国の血統が入り込んできます。事実、日本にいるハーフの人口は年々増えているようです。そういった状況下で、人の「生まれ」でその人のことを縛り付けようとする慣習は、いつか大きな問題につながる気がしてなりません。

ボクは見た目が普通のアジア人だからまだマシな方かもしれませんが、ビジュアル的に「外国」が入っているハーフの人たちを、その「生まれ」と「見た目」だけで縛り付けないであげてください。その人が何に興味をもって何をするのかは、その人の自由なのです。

 

「何として生まれたのか」ではなくて、「何をしているのか」でその人のことを判断する眼差しを心の奥底でボクは願っています。

 

 

以上、今回はまったくフランスとは関係のない話となりましたが、ハーフやクォーターだらけのフランスで生活をしている道中、ふと日本での出来事を思い出したのでダラダラと綴ってみました。

ときに、フランス政治の話はじゃんじゃんしたいです!大統領選盛り上がっていますね!

e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s
仏メディア「Le Figaro」が、仏大統領選の予備選を前にして、読者に対して「フランソワ・オランドは立候補を辞退すべきだと思いますか?」という...
e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s
仏メディア「Le Figaro」が、仏大統領選の予備選を受けて、読者に対して「右派政党の候補者は多すぎると思いますか?」というアンケート調査を行...

来年のフランスは一体どうなるのでしょうか。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です