red-wine-632841_1920

【ワイン消費】フランス人って結局どのくらいワインを飲んでるの?

2016/11/23

 

13871857_1118474701574144_1445118406_n

こんにちは、パリノメモの筆者をやっているジュロウです。ツイッターはこちらです(@Parisnomemo_)。

ワイン大国としてその名を世界中に馳せたフランスですが、実際にはその国民であるフランス人たちはどういった機会にどれだけのワインを消費しているのでしょうか?

今回はフランスにおけるワイン消費の概要を簡単にだけまとめてみたいと思います。

 

※ 画像の一部は当ブログが提携をしているフランス語学習サイト「TIPAのフランス日記」から引用をしています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-11-57-38

スポンサーリンク

ひとまず概要:フランス人はワインを飲まなくなってきてます

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-12-55-27

OIVおよびLe Mondeの情報より筆者作成

結論からいうと、フランス人のワイン消費は年々現象しています。

1人当りの年間消費量が1975年には100リットルだったのが、2015年には42リットルになっているので、その減少は著しいものです。40年で半分以下になってしまってますね。

だからといってこれで「フランス人はワインを飲まなくなった」と早々に結論を出していいのかというとそうでもありません。

というのも、あくまでワインを飲む機会が限定されて、加えて質のいいワインを飲むようになったといったほうが正しいからです。なんでもかんでもとりあえずワインを飲みまくってた時代から、良いワインを機会を選んで飲むようになったということです。

品質が保証されているAOCワインの消費量が圧倒的に増えていることとかを見ればそれはたしかです。

まぁ、それを「ワインを飲まなくなった」と言うこともできるんですが、この表現だとなんとなくワイン文化がフランスから消えつつあるみたいな印象を抱くんで、そうじゃなくて、あくまでフランスにおけるワイン文化の形が変わってきているというほうが正しいでしょう。

 

とはいえ、なんだかんだたくさん飲んでます

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-16-39

TIPAのフランス日記より

フランス人1人が1年に100リットル飲んでいた時代(1975年)と比べると、2015年は42リットルしか消費していないのだから、随分とフランス人のワイン消費も縮小したものです。それはたしかです。

でも、いくら半分以下になったからって、42リットルという数字を甘くみてはいけません。

42リットルを365日で割ってみるとすぐにわかります。フランス人1人の1日当たりのワイン消費量がわかるからです。

 

42 ÷ 365 = 0.11

0.11リットル、つまり110ml、レストランで出されるグラスワインが大体125mlなので、フランス人は毎日欠かさずにグラスワインを一杯弱飲んでいるということになります。

しかも、これ、赤ん坊や病気の人とかも全部換算した統計なんで、実質的には110mlじゃなくて1日120~130mlくらいだと思ってしまってもいいでしょう。

つまり、グラスワイン1杯です。ワインを飲めるフランス国民全員が、毎日欠かさずにワインをグラス一杯消費してるんです

これを少ないとみるか多いとみるかは意見が別れるかもしれませんが、たとえば日本酒消費量トップの新潟県ですら1人1日当りの日本酒消費量は40mlなので、これを考えると、フランスの数値が決して少なくないということがわかります。

 

なによりワインは日常の一部

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-18-39

ところで、ちょうどいいタイミングで当ブログ「パリノメモ」が提携しているフランス語学習サイト「TIPAのフランス日記」の先週のエピソードがワインに関するものでした。

10月にパリで行われるモンマルトルのブドウの収穫祭に行って、フランス人のワイン事情をインタビューするという内容だったのですが…。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-18-57

頻度は違えどみんなワインをしっかり飲んでる模様。収穫祭に来るほどだからそれなりにワインが好きなはずではあるのですが、それにしても楽しそうにワインを飲んでいます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-20-35

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-1-52-22

もちろん人によって回答は違ってくるでしょう。ただ、ワインがフランスの日常文化として浸透していることだけは、彼女たちへのインタビューから見て取れます。

そもそも、フランスではワインはあくまで食事の一部という側面が強く、たとえばワインショップに行くと「どんな食事に合わせるんですか?」なんて聞かれることもしょっちゅうです。

それだけ身近なものだから、フランス人もワインについてよくわかっていない場合が多いです。なんとなくテーブルにいつも置いてあるのがワインなのです。

 

そんなフランスのワイン事情を、数値だけみて「フランス人はワインを飲まなくなったー!」と声高らかに叫んでしまうのはちょいと早とちりで、家族体制の変化により食事のスタイルが変わってきたとか、ワインを飲む機会は減ったけど高級志向になっているとか、そういったところに目を向けないとフランスのワイン消費事情の本質は見えてこないわけです。

まぁ、減ってるのは事実なんですが…。

ちなみにこんな記事もありました(↓)

毎日ワインを飲む人の60%は65歳以上で、全く飲まない人の割合は2010年の38%から33%に減少した。飲まない人の割合が減少したのは1995年以来初めて……

フランスのワイン消費が増加傾向に:ワインレポート

ご参考程度に。

 

※ 画像の一部は「TIPAのフランス日記」より引用しています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-12-54-45

スポンサーリンク

記事をシェアする
✓ ピックアップ ✓ おヒマなときに